加圧インナー スパッツ

加圧インナー=加圧シャツという印象がありますが、スパッツもあります。 インナーマッスルの大腰筋が刺激できます。 ↑ インナーマッスルの大腰筋が弱くなると下っ腹が出てきます。 つまり、下っ腹がでてきて悩んでるなら使うべき。 それからヒップアップも期待できるのでヒップラインが綺麗に。 太ももも加圧でスッキリした見た目になれます。 まとめると、下半身を引き締めたいのなら普…

続きを読む

スパンデックス

加圧シャツを見てると度々スパンデックスという言葉があります。 このスパンデックスという生地なんですが、伸縮性のある素材のことを挿します。 で、この素材が使われてる生地を洗濯する時の注意点が以下の通り。 ・水洗いなら強いもみ洗いはNG ・洗濯機で洗う時は絶対にネットを使用すること ・塩素系漂白剤や塩素系の洗剤はNG ・スチームアイロン、タンブラー乾燥もNG ・ドライクリーニン…

続きを読む

加圧式インナー

今の時期に加圧式インナーを着て置くのは良いかと思います。 というのも、現在外出自粛の影響で外に出れない。 さらにテレワークなどで家で一日中座って作業。 こういったことが多いかと思います。 となると、腰痛などの問題が出てきます。 そういった時に加圧式インナーを着ておけば腰をサポートしてくれるので予防になるかも。 あと、食べすぎを抑えてくれるのでコロナ太りへの対策もできると思…

続きを読む

加圧シャツ デメリット

加圧シャツのデメリットと言えば、こういったものがあげられます。 ・着脱が大変 ・保温効果が逆に暑くなる ・毎日着たい場合の単価が高い ・低品質のハズレの商品がある 正直、こればかりは仕方がないなと思います。 着脱が簡単だと、それって加圧されてるの?ってなりません? 毎日着たい!って時に単価が高いのも普通のシャツじゃないから仕方ないところがあります。 た…

続きを読む

コンプレッションシャツ

加圧シャツと似てるものでコンプレッションシャツというものがあります。 ・運動時の無駄なエネルギー消費を抑える ・ケガ予防、疲労軽減、回復効果 ・速乾吸収、保温効果 ・季節別の機能を持つものもある こういった効果が期待できます。 加圧シャツと似てますよね。 でも、実際は使い方が違います。 まず、加圧の強さはコンプレッションシャツ<加圧シャツです。 前者は体のパーツ…

続きを読む